みどりの言の葉

patchouly.exblog.jp
ブログトップ

がけの上の・・・

5ヶ月ぶりに実家へ。
1週間前からリル(愛犬)へのドキドキはMAX毎日存分にベッタリ。そして笑いの渦に包まれる日々。

ダン(大きい愛犬)を撫でながらテレビを見ていると、彼の顔が私のアゴの下へすっとはいりました。そして、上に跳びました。口が半開きだったあたしは、『カチーン』って音の後にアゴを押さえ言葉もなくのたうちまわる…あれ?お父さん静かだ。気づいてない?ならばさわいでも悪いな…でも……『ぃ、ぃたい。ギャハハ…いたい』そのとたん爆笑する父。ただごとじゃない場合に備えて笑いをこらえていたらしい。

お出かけ中、『お腹が痛いから、気をまぎらわすために歌う』と早○田の校歌を歌いはじめた母。意表をつかれました。数日後に作者についてのニュースをみる。

運転中、『真っ直ぐでいいの?』と聞くと『迷わず行けよ』という父。『ほんとに真っ直ぐ?』『行けばわかるさ』。そして左を指しながら『右』と言い、『さっき左って言わなかった?』と更に間違える母。『二人には後で話があります』と伝えた夜、イノキではなく一休和尚の言葉だとメルマガが届く。

頼まれたお土産、銀座まで買いに行けなかったのに羽田で期間限定でオープンしてたり、ちょっぴりの不思議があった日々でした。

今回、両親にほんのわずかですがおこづかいを渡してきました。ご飯食べられるかなってくらいの微々たる金額。母は遠慮して自分の物を買わない人。父はレコードを集めるのが趣味な人。よく掘り出し物を見つけてきます。こないだクラシックレコードが破格値で大量に出ていたらしく、渡した分全部を使って何十枚とレコードを買ってきました。定価で計算するとかなりの金額、そして珍しいものもたくさんあったらしい。「すっごく喜んでたよ」って聞いて、素敵な使い方をしてくれるなーと。報告なんていらないほどの、あたしだったら日常で消えてしまっていたであろう金額を、あたしにとっても何倍もの価値にしてくれてありがとう

実家のトイプー『リル』、よく「ああ、上海帰りの、だ」と言われます。
あたしはその歌しりませんが。
実家での楽しみの1つは犬達との散歩。これだけのために帰ると言ってもいい。野苺の季節だったので、大型犬の『ダン』に与えて「その黒い苺を詰ませろ」と鼻をもいだりします。こんな田舎でも少しずつ景色が様変わりしています。埋立中の場所へ行って、栗林やカブトムシが集まっていた木も埋め立てられるのね~と、崖ギリギリのところにいました。下は多少なだらかですが結構な高さが。「土が柔らかいから落ちてもケガはしないけど、登れないね~」って父と言っていました。
ところでリルは目が見えません。少しの光を感じるくらいで、あとは勘。車が通るところは気にしていたのですが、その時はまったくのノーマークで。『そうだ。リルとライオンキングごっこしよう(リルを崖からかざして王子が生まれたと森中に知らせるシーン)』と横を見てみると…!!!

少し離れたところで崖から落ちまいと懸命に突っ張っとる!身体はすでに平地にはなく、斜めになって突っ張った足がブルブルと震えてる。走って行って尻尾を捕まえようと思ったけど、その振動で落ちて行かれたら…
『リルがっリルがっ』と叫ぶあたし。その声を聞いて決死の覚悟でジャンプしたリル…失敗したらどうすんだよ
。父は『これからは「崖の上のリルだな」』と。「崖の上にはいなかったよ」って笑いながら帰りました。
[PR]
by midoleeloo | 2009-05-17 23:48 | 徒然なる日々