みどりの言の葉

patchouly.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:キューバン・バン・バカンス( 3 )

旅⑥ 長野・東京・大阪

7/5 長野へ。。旅としての寄り道はもう終わりかも・・・と思った。バスや電車に乗ることは楽しいことへと続く過程だとの動機付けがしっかりとできたので、これから電車も苦痛ではなくなりそう。長野は、木がすごいところ。いつも「おおーん」とした感じをうけて「おおー」と声を漏らしてしまう。確か、ゼロ磁場があるところも長野ではなかったっけ?ゼロ磁場へ向かう途中、団体行動から早々と逸脱し一人で山道をかけおりて、「なんで走れるのから?」って声を遠くに聞いたっけ。そりゃ、小さい頃何度も滑り落ちましたから。長野では善光寺へ行き、参拝をさせていただきました。自動販売機でおみくじを売っていて、なんと「大吉」!!初めて!そして、お守りの招き猫は「開運招福」でした。ライブは最後だって実感が沸かなくて、私の目の前には膜があるようで、現実感のないまま過ごしてしまいました。でも、「子守唄」にはまってしまい、夜にも夢に見て笑って目覚め、今思い出しても笑ってしまいます。抜けきれない。そして、ようやく詩集を買いました。翌日、開いてみて、活字で見る「しりとり」がまったく別のものに見えた。まず縦書き・・・どっち方向に呼んでいいのかもわからず、しばし固まってしまった。今までは聞こえてくる音が形になって映像になっていたので戸惑いました。読み進めているうちに、記憶の中の声が追い越していってくれたけれども。

7/7 五反田からバスで向かう。旅してる感を続けたかったから。今日思っていたことは、全ての曲をはじめて聴くように聞けますようにってこと。会場が広くて、大勢の迎えるような温かさと旅の全てをあますことなく報告しているのをみて、それからずっと泣き通し。各地で生まれた言葉のいいとこどりで集大成で完成形を見ました。「世田谷のよさを知って帰ってください」・・・なんでファイナルが世田谷かわかった気がしました。ひとつひとつ旅を思い返して、たった2ヶ月で遠い遠いところまできてしまったんだと思い、充実したこの時間に感謝を、しました。

7/11 大阪へ。カレーを食べに行く。あ、初日の京都の時もここにきたんだった。しめくくりとしてはばっちりね。「リクエスト曲があれば帰り際にロビーで叫んでください。誰か聞いてます」って言葉にはにやりしました。その責任の所在のなさがよいです。「終わった」っていう実感はもっと前に感じていたので、今は次へのプレステージのような感じでした。
[PR]
by midoleeloo | 2007-07-24 12:36 | キューバン・バン・バカンス

心配してくれた方たちへ、一部始終

キューバの旅行記、ゆっくりかこうと思うんだ。
その前に・・・。

あたし!「Wlima」って名前は一生忘れないわっ!

キューバに着いた翌夜にライブは中止、
予定通り帰りたい人は明日の予定をキャンセルし、
帰らないと戻れないかもしれないなんて・・・。

結果、予定通り帰れたけど出発当日のハバナは
曇りまたは小雨程度。
台風が日本で話題騒然となっていることなんて
まったく知らなかった。
2時間かけて成田から家に戻り、携帯を充電すると・・・!
メールが!留守電がっ!!
ほんとに浦島状態。なんだ?これ!?

とりあえず会社に電話し、帰国したことを伝える。
会社ではMIYAのホームページや私の行った言葉の端々から
フライト時刻を確認し、ずっと電話を掛けていたらしい。。
(ま、一種のMIYA普及活動ってことにするか。)

そして実家に連絡する・・・出ない。
う~ん。一応兄に連絡するか、おおげさだけど。
私「もしもし」
兄「生きてたのか!」
・・・生きてたのかぁ??

兄「とにかくよかった。電話代かかるから切るぞ」
私「なんで?」
兄「・・・!! 帰ってきてるのかっ!?」
そ、そんなにおおごとだったのかと初めて気づく。
兄の奥さんも「よかったぁ!」と安心してくれて、
甥っ子にも「あんぱんまん、どきんちゃん、
一万円ちょうだい」
と言われる・・・。

親戚にも電話をかけると、
「お父さんが、あいつは幸せものだ。こんなに大きな台風を
間近に見れるなんてと言っていたよ」と聞く。
そういえば、他にも「自業自得ですよって笑って、
長く滞在できるから得したねって言ってた。」と聞いた。
お父さんらしい、コメント・・・。

母に連絡を取り、
「そんなことより、MIYAとの思い出を聞いてよ~!」
と訴えるも耳に入っていない様子。
「キューバとメキシコには詳しくなった」と言うほどニュースをみて、
MIYAのホームページも見ていたらしい。
(うんうん。普及活動ね)

翌日、電話をかけると父がでた。
父「よかったよ。心配したんだから」
私「自業自得と笑っていたと聞きましたが・・・」
父「・・・あ、あれは、ほら、お父さん台風好きだから。
ところで旅行はどうだったの」
ごまかされるか~~!!

いやいや、こんな人がいるから無事に帰ってこれるのです。
心配してくれる人のありがたさを感じました。
ありがとうございます。
ある人曰く、私は長生きするらしいので
あまり心配しないでください。
(「お前は見なくても長生きするよ」的な言い方だったし)
[PR]
by midoleeloo | 2005-10-23 23:59 | キューバン・バン・バカンス

いざ、キューバへ

a0059468_21552724.jpg
やっと、この日が来た!キューバへ行くのだ。
前日はどうせ興奮して眠れないだろうからと夜勤をいれ、
前日は従姉妹の家にお泊りしたから、私個人としては既に旅行3日目に突入か!?
←MIYAに会えるパス!!

海外に行くのは久しぶりだけど、旅行の準備なんてほとんどしない。
切羽詰ったら現地で買えばいいし、そんなに必要なものなんてないと思ってる。
パスポートとチケットと財布だけはチェックしとけば・・・いやいや、
今回の旅行は「MIYAと写真を撮る」という一生の大イベントがあるから
そこそこの準備はしとかないと、と思ってはみる。

夜勤明けには、まだ時間があるからと同じく夜勤明け仲間とお茶へ。
・・・というより、彼女らしく朝から「ビール!」だったけど。。
話が弾んで、気がついたらもう間に合わない!
結局、45分も遅刻してしまった・・・添乗員さん、ごめんなさい。
そのせいか、飛行機に乗ろうとしたら「ダブルブッキングだから待ってて」と
添乗員さんと飛行機の入り口で待つハメに。
「大丈夫です」と言われ、席に向かうと、私の席には人が座っている・・・。
またまた待たされ、添乗員さんに「ビジネスにグレードアップしたりして」
と言われ、ムフフとほくそえんでたら・・・

「OK!席あいたわよ」

・・・ヌカ喜びかいっ!!ただ入り口でみんなが入るのを迎えただけだった。。。

飛行機は13時間かけてアメリカ・ヒューストンへ。
そして、メキシコシティへ飛んで、キューバの首都・ハバナへと行く予定。
アメリカから直接入国はできない。
機内では隣のおじさんが、
「どうしてこんなに日本人が多いの?」と驚いていた。
このおじさん、ラバー製品を作りたいとのことでの渡米らしい。
私の前の会社がそれ関係なので、話が弾んでしまった。

現在のアメリカはトランジットでも入国審査が必要らしい。
しかも、キューバに行くことは隠しておかないと入国できないかもしれないとの事。
上着も靴も脱いでゲートをとおり、指紋と写真までとられてしまう。
ふぇ~、時代も変わったもんだね。
だけど、この厳しさを通して「911」の恐ろしさを再確認するんでしょう。

a0059468_224563.jpgメキシコへの飛行機までは少々時間があるので、空港内のお店をうろうろ。
なつかしのプレッツエル(パンの一種)を食べ、なつかしのスナックを買う。
英語で注文するのもなつかし~~。
やっぱりこの空気好きだな。
一人ではとても飲みきれないスムージーを、
日本なら即刻クビになるよ!って言いたいほどやる気がない姉ちゃんから受け取る。

メキシコへ行くのも楽しみなんだ~。
でも、体はへろへろで飛行機の中でグーグーと寝て起きると、
「あれ?まだ出発してない。」
そんなに寝てないんだと思ってたら、じつは1時間も遅れたらしい。
メキシコに着いたのは夜も遅く。体もぐったり疲れている。
それなのにビュッフェスタイルの豪華な夕食が!!
しかも、全て辛い!!
少なく取ったつもりだけど、そこはビュッフェマジックで結構な量をたいらげた。
初のメキシコ(トランジットだけど)も楽しみだけど、
明日に備えて早く眠らなくちゃね。。
[PR]
by midoleeloo | 2005-10-17 00:00 | キューバン・バン・バカンス