みどりの言の葉

patchouly.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

生まれてきたことを・・・

『生まれてきたことを幸せに感じる』 from風になりたい

ライブ後、この言葉を気持ちを親にどう伝えようかなーって考えていた。
日本人特有の「言わなくてもわかるだろ」ですませたい。
でも、私は「言わないとわからない」派に属しているし、近頃やたらと
「感謝の気持ちを伝えよう」って文章を目にする。でもなーってだらだらしていたら
ちょうど母からの電話。
といっても、ほぼ毎日電話している私たち。(「ラブ定額」にしたいという母。
「家族通話」じゃだめなのか?金額変わらないし。なぜ「ラブ」のほうをチョイスするのかしら・・・)
よし、かるーく伝えてみるか・・・。

ところが、「銀行に振り込まれてないのよ。」と母の言葉。
何日も前に振り込んだはずの金額がどこにも振り込まれていないらしい。
ばたばたと振り込んだ時の用紙を探しだす。
私、「メールでもらったとおりに番号も名前も入れてあるから間違いないよ。」
母が振込先の銀行に電話をしたがやっぱり振り込まれていないので、
振込み元に確認が必要で、慌てて電話をしてみると、
振込み先の名前が違うからとまっているとのこと。
しかも!変更手数料が630円もかかるし、銀行に来店しなくちゃいけない。
手数料が安いからセブン銀行にして、だのいろいろ出かけていったのに、
結局高くついとる。
それに!振込先が間違っていると届かないんだよってあれだけ言っておいたのにっ!
母に電話をすると、「ごめん。ごめんなさい。」と平謝り。
だけど、だけど!計画して進めたことが進まないと嫌なの。
スムーズに進めるために落とし穴をすべて埋めたのに!!
ひとしきり文句を言って、「だいたいね、新潟のライブでとても感動したから
お礼を伝えようと思ったのに、それもこのせいでできないじゃん!!!」と言いたい放題。
「ごめんなさい。なんでもします」と母。「じゃあ、とりあえず土下座」と私。
母「ひざが痛くて曲げられないので土下座はしたくてもできません」
私「じゃあ、今度の熊本のライブ行ってよ。振り付けがあるから練習してね」
母「行きます。でも肩が痛いから上には手を上げたくても上げられません」
「何にもできないじゃないかっ!!」いきどおる私。
知り合いは「コントだ」って笑ってたけど、笑い事じゃなーーーい!!
[PR]
by midoleeloo | 2006-05-28 23:47 | 徒然なる日々

寄り道ライブ in新潟&諏訪(ネタバレあり)

5月26日、新潟の「寄り道」ライブ。「寄り道」は昨年のキューバ以来、か。ってことは7ヶ月ぶり!!何回か行って緊張もほぐれていたのにまた緊張感が高まります。会場近くにある「白山神社」で、新潟、そしてライブに来る事ができることのお礼をしに行ってから会場へ。今日は「能楽堂」で行われるので、不思議な空間ができあがるんだろうなあと期待大。席は「脇正面 2列目」・・・ネットで調べると舞台を横からみるようになるみたい。それでも真ん中にほぼ近いので、横顔をじっくり見ようと思ってた。
そしたら!!正面と脇正面の角が正面になるようになっていて、私の席はほぼど真ん中!!開演前に座ってても近すぎて落ち着かずに一度退場してしまったほど激見え!!
MIYAさんは橋掛かりから「すり足」で登場。チェックのシャツ&ジーンズに足袋。舞台は靴も靴下も裸足も禁止なのだそうです。「だったら着物着てくればよかった。服もダメ、足袋もダメ、どっちもダメ」とポツリ。ハーモニカがテーブルから落ちてしまうちっこいハプニングがあって始まった曲は『中央線』。いきなりのメインディッシュでした。そして、『明日からはじまる』へ。(この曲、某グループへ作った曲なのだそうです)会場全体の緊張が伝わったのか、「部屋で聞いてもらってる感じで行きましょう。
寝てる人がいたら起こさないであげて。メールも急ぎなら構いませんよ。」と。そんなもったいないことをする人はいないよね。詩集「寄り道」「寄り道Ⅱ」から数編の朗読もあり、『朱鷺』『掌の海』『光』と続く。特に『朱鷺』は、その歌ができあがった場所で聞けたからじ~んときちゃう。去年、札幌で聞いた『白いハマナス』(正確には違うけど、北海道だから)もその歌詞を肌で感じられたし、逆に『島唄』もこんなに北の地で聞けるなんて!と感慨深かった。また『朱鷺』も特別な思い出の歌になりそう。
『白いハマナス』『沖縄に降る雪』、「新垣さんほどうまくは歌えないけど、一生懸命歌います」と『白百合の花が咲くころ』へ。私は感激のあまりMIYAさんを拝んでしまいました。ありがたくて。。。
「一緒に歌いませんか?俺、休憩」と始まった曲は『風になりたい』!!MIYAさん伴奏で歌が歌えるなんて考えられます?会場の響き方がいいのか、とってもきれいな声が響き渡りMIYAさんも「いいね~」と言いながら演奏。「♪うまれてきたことを幸せに感じる~」のところで、“ああ、帰ったら親に産んでくれた事を感謝しよう。この曲に感動できるように育ててくれてありがとうって言おう”と思いました。→これ、ある理由によって実現せず(笑)MIYAさんも演奏後、涙を拭いていたような気がする。その後は『楽園』…次回のCMの構想があるからみんな買ってね。口コミが一番すごいんだよ、とのことですよ♪ポスターもあるらしいし、今度箱買いしようと思いますっ。この曲、弾き語りで聴くのはいいよねーー。私は、このアレンジが一番好きだな。そして、『島唄』…もう千回以上は歌っているって。アンコールは『遠い町で』でした。あと『助走』とそれに対するアンサー詩(っていうのかしら?)…今のMIYAさんの心情がすこーし分かった気がします。
ライブはとーーっても長くて(だって詩もすべて読んじゃおうって全部読んでくれた)、2時間半以上。帰りのバスもすでになかったので歩いて新潟駅まで戻った。途中、橋の真ん中で「明日から始まる」と「風になりたい」を歌いながら、るんるんで帰りました。

a0059468_1344996.jpg


翌日は、長野へ移動。長野って二度目なんだけど、ここの山はなんだか他と違う。ウォーンって感じの波動を感じます。そして諏訪は、いい意味のひなびた感じが出ていてとてもよかった。駅には足湯コーナーもある。駅を出て近くの店で「シネマレイク」の場所を尋ねると、「今日、何があるの?もう何人も聞かれてるんだよね」とおじさんに言われた。「宮沢和史さんのライブがあるんです」と答えるも「???」って感じだったから、「○'zのミヤザワサン」って言いたい気持ちをぐっとこらえ「島唄を作った方です」と答えた。教えてもらった道を辿ると、ある場所に人がいっぱいいたからすぐにわかった。最後尾に並んだら、ちかくのパーマ屋のおばちゃんが「何があるの?今、人がいっぱいいるよって言われたから見にきたのよ。」って、なんて小さい町なんだろうって嬉しくなった。人も気さくであったかいしね。会場は通常の席のほかに丸椅子あり、最前列に座敷席ありととにかく詰めるだけつめた感じで、私は5列目の左側の丸椅子をゲット(これはあとからお尻の痛さと格闘することになる・・・)。ここでどんな映画が上映されているのか、はたして今も営業しているのかっていうくらい、最近では見かけない小さい会場。上映は「オーメン(だっけ?)」と「ピンクパンサー」で、「その二本立てはどうかな」ってMIYAさんもつっこんでましたよ。MIYAさんはどっち側から出てくるのかなと思ったら、左後方から光がさしてきてその方向を見たらMIYAさんが!普通に通路を通って舞台に上がってた。隣のおばちゃんらが「いい男~~」と言っていたが、素直に口に出していえるおばちゃんたちがうらやましかったな。だって、そんなこといえないもん。曲の構成はほとんど変わらなかったけど、1曲1曲詳しく説明をしてくれる。「寄り道」だって、「東京に大久保通りってところがあって、東京LOVEができたところなんですけど・・・」って感じ。客層がかなり地元の人だったんでしょうねー。途中からは「リクエストコーナー」になり、ジュリー、歌ってくれました。

私は、たぶん「寄り道」は6回目くらいなんだけど、「1回でいいんじゃない?」ってよく言われる。私もなんで何回も行ってるんだろうって分からなくなってた。でも、理由がわかった気がします。知りたい方は、こっそりメールください。知ってる方は、うんうんってうなずいてください。
[PR]
by midoleeloo | 2006-05-28 05:56 | 素敵なこと

オレ、方言しゃべれるし。。。

しっとった~?
8月に熊本でGANGA ZUMBAのライブがあってったい。なんねー。6月終わりにも「寄り道」があるけん帰るとに、また1ヶ月してすぐ帰らんといかんたいねー。ばってんがたい、MIYAさんが熊本にきなはらんかなーってずーーっと思っとったとよ。去年の札幌・アーバンホールでの寄り道で「都道府県を全部回りたい」って言っとらした時から「熊本コール」を心で叫んどったけど、実は「40箇所のうちのあぶれた県になるかもしれんねー」って思ったりしたったい。来月の寄り道 in九州にも熊本はなかったけんね。今回はGANGA ZUMBAとしてきなはるけど、もうびっくりたいねー。「島唄」が熊本の空に響き渡っとだけん。あのリズムに空気が揺れるとばい。っていうか、MIYAさんが熊本に来てくれるんだけん。母親に「みんなで行くけん」って言ったばってん、乗り気じゃないとたいね。きっと、100年後には「生の島唄ば聞きたかったーー」って人が世界中にでてくるとにね。もったいなかー。そしてから、熊本ば気に入ってから寄り道もしてくれるとよかけどなー。

ああ、ちょっとした疲労感。
ところで「和水町」ってどこかしら?「なごみ」ってステキな名前だね。
ちょっとおーーー、車でばっちり行けるじゃない!!
オレ、知り合い全てに参加を呼びかけてみます!!

でも、今は今週末の「寄り道」を楽しみにします。
[PR]
by midoleeloo | 2006-05-24 04:01 | 素敵なこと

なんだか、とりとめない感じで・・・

トライアル、初日であきらめました・・・。
一日8時間の散歩はムリ。
いや、できたかもしれないけど、犬たちがかわいくなくなってきた。
その時、あ、ムリだなって。
「ふりだし」ではなく、確実に一歩進んだわけだからよしとすべきなんだけど、
極度の疲労と日焼けによる体内にこもった熱とちょっとした挫折感で寝て過ごした翌日。
こんなときはできることからやっていかなくてはいけません。
犬を叱った後は、できることをやらせて(おすわりとか)、
誉めて信頼を回復するのがよいのです。
今、やること・・・それは物を減らすこと。
まずMD、ビデオ、雑誌の切り抜きをデジタル化する。
パソコンの使い方がよくわらかない私。最近やっとスキャナが使えるようになった。
興味ないことはまったくしらないんだよねー。
私は野球のことをまったくしらなくて、巨人がセリーグかパリーグか知らなかった。
(今は、なんでもセリーグと答えることにしました)
同僚が驚愕し、「球団全部言ってみな」と言われ、「えーーと、タイヨウ?」と言って大爆笑。
「お菓子メーカーの球団があるよね」と言われ、
「プリッツ」と答え、「ぶははは、メーカーじゃないよね。」と・・・。
それでも、「メーカーってギンビスしか浮かびません」と答えた。
正解は、ロッテですよ、ロッテ。知ってました?
そして、「日本ハム、その後は?」と聞かれ、
「ポークス?」・・・・みんな、机の下で笑い転げていた。
だって、ハムだしそんな感じのあったじゃん(のちにダイエーホークスとわかる)。
そんなわけであまり興味のなかったパソコンにやっと気が向いてきたわけです。
それもこれもブームため。記事をまとめたい。ビデオをまとめたい。
なんだかエロサイトをみたいからパソコン得意な人と変わらないな。
好きなことのためなら普通はできないことも乗り越えられるのだという誉め言葉です。
ちなみに私の兄はパソコンの先生をしているため、私も得意と思われがち。
身近にいるとやらないんだよー。なんでもきけるから。
そして専門外のことで答えられないと「先生なのに?」って文句ぶーぶー。
私に英語以外の言葉を通訳しろという理不尽さにはお説教たれてみるけど、さ。
[PR]
by midoleeloo | 2006-05-22 16:50 | 徒然なる日々

明後日から

20日から3日間、新しいお仕事の「トライアル」に行って参ります。
トライアル…エセ発音はチョライオゥ、「お試し」です。
なぜだか今回は、あまり乗り気がしないのです。
お試しが失敗すればよいなと思う自分もいるのです。
今の仕事への未練っすかね。休日が比較的自由にとれるので、
ブームのライブを巡業したり実家に頻繁に帰ったり、平日昼間に友達と遊んだり、
「笑っていいとも」を1ヶ月間毎日見続けたりもしました。
その反面、勤務時間帯が不規則で何時間寝ても眠かったり、
逆に眠れず体調悪かったりします。
今も3連続夜勤中で「深夜を過ぎりゃ、心はバラバラ」、
とてもお日さまの下に差し出せるような顔ではなく、
出勤する人の流れに逆らいながら隅っこをふらふらと歩いているのです。
それはさておき、安定した収入の確保はとても重要な事です。
安定した収入があってもそれを使う時間や使い道がなければ意味がありません。
今の仕事は、それがすべて揃っていて使い道ありすぎて困るほどです。
それを自らの手で破棄してもいいのか・・・。
新しい仕事は経済面では厳しくなりそうです。
とりあえずトライアルやってからなのに、変化を好まぬ「エゴ」が毎日騒いでいます。

昨日、久しぶりに「花のリーディング」をやってみました。
自分を花に見立てて咲き具合などで、現状をみていくのです。
(目をつぶってやってみてください。元気に咲いているかだけでもよいと思います。)
私の花は、まっすぐ咲いているが茎が細く頭でっかち。
栄養がうまく行き渡っていない。地面に近い茎の部分にわっかがはまっていて、
それが栄養不足の原因のようです。咲く場所を変えたほうがよいみたいです。
最近、気づくと呼吸が浅くなっています。深く吸うと「あいたた」と肺が痛み、
起きているのに無呼吸症候群っぽいです。
きっと呼吸は酸素とCO2の排出以外にプラーナを取り込んでいるのです。
プラーナ、「気」。
静岡の松林からたくさんのプラーナをもらっていたみたいで、
都会のプラーナは質がよくないから取り込むのを拒否しているよう。

ふらふらと(この場合は「なんとなく」の意味ではなく文字通りふらふらで)
入った本屋で「収入の10%を寄付すると豊かになる」とありました。
手に入るから与えるのではなく、与えるから手に入るのだそうです。
共感しました。
私自身に寄付するのはだめかしらと思いましたが・・・。
とてもすっきりとした方法のように思えたのでやってみます。

とにかく、明後日からの新しい出会いが素晴らしいものであるよう祈るのみです。
[PR]
by midoleeloo | 2006-05-19 01:42 | 徒然なる日々