みどりの言の葉

patchouly.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

タワーと代々木

仕事が終わって一目散に駆け出す。「CD買ってきて」とのメールに、「おお!ナイスアイデア」と目の前のビックに飛び込みCDをつかみ、「これもっとほしいんですけどっ!!」ってすごい形相で言い、「これしかありません」とか言われ、走り回ってCDを探し東京タワーへ。汗だらだらになったけど、もうすでにその状態がおかしい。今、転んだらどんだけCD買ってんだっ、どんだけ好きやねんっ!って。いやそう思ってもらって構いませんけど。こういうことがいつしか残る笑い話なんだろうなって思う。しかも買ったかいがあった感じ。朝からもらったメールも嬉しくて、あれだけ「ほしいものはほしい」と素直に言おうと思っていたのに、なかなかできてなかったなってことを思い出したり。タワーの夜景はきれいで、あたしは実は緊張していて話なんてほとんど頭に入ってこなかったことを、訊かれない限り気づいてもいなかった・・・。

あたしには誠実さが足りないのかも、少なくとも最近のあれについてはピンポイントで。求めて与えてもらってばかりで、しっかりと伝えようとしていたかな。もちろん伝えきれるなんて思ってはいないけど。頭の周りをふわふわと漂っているものを、見ないふりして油断をさせておいてぐいっと捕まえる。大型犬のだんちゃんとの追いかけっこと同じ。お互いの動向を探りながら、どちらが先に飛び出すか・・・緊迫感と、二人にしかわからないくすくす感。その面白さを失わないように片っ端から捕まえて、切ったり貼ったりしてなんとか形にできたんでしょうか・・・うーーーん。だから、直接渡せて嬉しかったのです。近頃、あたしの日々はレベルが分かれている気がする・・・7つくらい。悲観的にみたり、斜めからみたり、光として見たり、その境い目もあるからバリエーションは縦横無尽。今は起きぬけなのでぼんやりとしているけど、昨日の夜勤のあたしは幸せで感謝でいっぱい、あ、ぱんぱかりんだったのです。そのレベルで伝えようとするならば、「どうしよう!どうしよう!めっちゃ嬉しいねんけど。あのな、人生っていうのはな・・・」と延々説教入ってもいい。実は、朝9時に「お疲れ様でした~♪」とドアまで進み、「あ!!10時までだったっ!」って渡した引継ぎを返してもらうような、舞い上がりっぷりだったと思います。
a0059468_2232955.jpg

[PR]
by midoleeloo | 2008-06-22 21:58 | 素敵なこと

くるくると回り続ける

夜勤明けにそのまま飛行機に乗る。今回はJALなんだぁ。「早く乗せて~」と乗った瞬間にSKYWARDを一心不乱に読み始めた。意味は入ってこないのに文章全体から感じるものになんだかじんわりしてしまう。全体から出てくる何か。ページを開いているだけで頭がすっきりするような本があるけれど、それとも似たような感じ。まだ見たことのない国の写真、長いこと離れていたような懐かしいような感覚に、離陸前から感極まってる。機長が「こんなに綺麗に見える富士山はあまりありません」とか言ってるけど、あたし通路の席だし、それよりも機内放送を真剣に聞いてるんです!!癒されたっていうか、ドキドキ感は増したなぁ。短く感じたフライトで家へと帰る。今回は、久しぶりに・・・というか初めてかな、猫がいない家って。トイプードルのりっこちゃんは例のごとくぶるぶると震えだし、大歓迎ムード漂ってるけど、あたし、今回は重要な任務があるのです。そう、八千代座と嘉穂劇場です。八千代座は車で行けることになんだか緊張しました。車で40分くらいなのに行った事のない場所だから旅気分も味わってしまった。会場は、不思議な異空間。嘉穂劇場は落ち着いた会場で、昨日の続きのようでした。この場所で聴いてみたかった歌や言葉・・・ぜんっぜん覚えてないけど、ツボにはまって笑いころげたこともあったんだけど、、、なんだったかなぁ。「足跡のない道」や「島唄」を聴けたこと、この土地でって言うのがもっともっと重要なことに感じられた。しりとりの「うんばば中尾」さんには参りましたね。あたしたちと青春をともにした方ですもの。以前はワーゲンバスに乗ってた(21くらいのwindowのやつ)けど、今はどうしてるのかなぁ。しりとり、まったくもって言葉が浮かばなかった。次は音の響く会場でも聴いてみたいし、野外でも訊いてみたい。アスペクタとかだめなのかなぁ。無邪気に広すぎるかしら。

a0059468_22362189.jpg


帰るたびに狂喜乱舞するりっこちゃんは、朝、私が「うーーん・・・起きたよ」と言うと、トルネードのように体をねじりながら突っ込んできます。ほんっとに幸せな瞬間。9日は高千穂へ行きました。先月、扉を見たから中身を見に。立ち寄る店の商品に「宮崎知事」がどんどん増えて、「ああ、県をまたいだなあ」と実感しました。高千穂神社では観光客に紛れ説明を聞き、天岩戸神社へ。道をぐんぐんくだって行った先は岩が大きくくりぬかれた中にある祠。そして積み上げられた石が見えなくなるくらい先まであらゆるところに積まれている。薄暗い中でのその光景に、「きっと死んだ人を弔ってるんだよ」、「もしくは人じゃないもののしわざ」とか言って、お父さんは石を勝手に拾っちゃって、あたしは顔がひきつった。岩戸神社へ戻り、ご神体を見せてもらう。若い神主さんは疲れていたようで、お清めしてもらったり、深々とお辞儀をして「天の岩戸」を見せてもらってる間、足や腰をぼりぼりとかきながら説明してくれる・・・特徴のある話し方で。さっき行った祠は、八百万の神が相談をされたところで、願い事をしながら石を積み上げると叶うらしい・・・私達全員、「しまった!!」と思いました。それから遅くなったけど幣立神社へ。お参りをさせていただき、ふと下を見るとピカッと光るものが・・・水晶玉が落ちていました。後日、甥っ子に見せたら「神様がくれたんだよ」って言ってたけど、あたしもそう思う。山の裏の竜神の池まで、その玉を洗いに行く。この水を使って全国を清めたとの言い伝えもあるくらいで、その水を持って帰り、犬たちにかけたらとっても嫌がって逃げ惑ってましたが。高千穂の天の岩戸を出た後、天照様は幣立神社へ行かれたとのことで、同じ道を辿った気がしました。天照って響きも漢字もいいよね。短い期間でしたが、充実度は「ああ、ぱんぱかりん、ぱんぱかりん」。帰りも眠いけど、JALだから寝ちゃいられない!!って思って乗ったら、いつまでたっても音が聞こえてこない。他のチャンネルは聞こえるのに!!プログラムに「一部の航空機では放送されません」と書かれていて、その番号と非常用脱出の説明書の番号が・・・同じ!どんなに見比べても同じ。ええ~、ええ~。
[PR]
by midoleeloo | 2008-06-08 21:19 | 素敵なこと

旅へ

もんごる
[PR]
by midoleeloo | 2008-06-02 21:19 | 徒然なる日々