みどりの言の葉

patchouly.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

40年目のビデオレター

夜は『40年目のビデオレター アマゾン編』を観に行きました。二度目。聞き逃した、見逃したことあり、会場の反応の面白さあり、でやめられない。
いつの時代も、その時代を超えていこうとする人が現れ、波に呑まれ永久に顔をだせない人や、想像とは違う花を咲かせる人もいる。何度も嘆き、恨み、それでも立ち向かい、いつしか受け入れた時に、ふと風がないでいることに気づく。折れたところから新しく芽吹き、苦しみが埋まったこぶでさえ、自分自身だと気づく。40年はそれだけの長さだ。ハプニングもありましたが、理由があって起こっていることだから、きっと必然。
上映後の岡村監督のお話の中では、『今日見つけた昔の新聞に手塚治虫さんがブラジルの移民について書いたエッセイをみつけた』そうで俄然興味が。…エッセイって何かあったな・・・(;□;)!!ほんの数日前に手にいれてた!ほんとは『ブッダ』を探していて、ベストタイミングで見つかり、一緒に手に入れたもの。エッセイ集なんていつ読むかしら~と思ってた。すごいすごい!!
販売されてたクッキーが美味しくて追加購入。主催者の方にひとつ多く頂いてしまいました。おいしかったから、ほんとに嬉しい。それから自称『ファミリー』と、新しく加わった仲間と大盛り上がり。この時間は貴重。何度も同じ時に上映会に参加した人達が、場所が変わることで、以前より経験値が上がって観ることで、どう感じたかを分かち合う時間。裏話を聞いたり。ただの飲み会ともいう。終電逃しました。
朝、家に着いてエッセイを探すと…発見!これはまた違った視点からのエッセイで衝撃を受けました。人生の数だけ物語がある。
[PR]
by midoleeloo | 2009-04-29 22:48 | 徒然なる日々

昼は魔法の使い方講座

昼は友達とカレー。

ある興味深い話を聞きました。魂の成長の道のりは螺旋状になっているのだそうです。てくてく歩いて上まで辿り着けばゴール。ただ、その螺旋が切れている部分があるらしい。そこから落ちてまた一段下から登って、また落ちて…その途切れた部分をカルマと呼ぶのだそうです。カルマは別名『切れている輪』なのだとか。
カルマを解消すると繋がる…そしてまた途切れた部分で落ちる…。途切れた部分を繋ぐ方法はというと、『ただそう在れ』と言えば螺旋はすべてつながるのだそうです。むむ。

そしてもう一つ、奥義を聞いてしまいました。これはまだ実感していないので秘密にしておきますが、『やっと言いたいことがわかった』とすっきりした顔をした友達、逆に考え込むあたし。これから先の宝探しは楽しみである。ポイントは周りに注意深くあれ、だとか。

大昔の師匠は今も師匠なのだと思います。年に一度くらい会い、成長度合いの検査を受ける…最初は『死ななくてよかったね』って言われたんだった。こないだ師匠と会った時に、『今日は心を開いてるからわかりやすい』と言われ、時に苛立ち『もううるさいなあ』と思ってたこともばれていると知りました。今のあたしは何もないんだとか。でも、その状態でいいのか、何もない幸せを受け取るのに慣れていないんだとか。

なにかその時はおかしかったと思います。ある方向へ導かれるように会話が進んでいく。『最近は躊躇がなくなってきて、簡単にわかるようになってきたよ。それって自分を信頼しはじめてるのかもしれないな』と私。『こんなに簡単にわかるはずがないと思ってるんだよね。だからこねくりまわしてる』と師匠。ただこの関係は一方的ではなく、相互に影響を与えあっているので師匠の迷っていることも感じる。『伝え方ってあるでしょ。個人に沿った言い方ってあるじゃない?私はそれをいつも探しているなあ…』 
師匠は黙っていました。そして…『…俺、これを言ったら死ぬかもしれない』と伝えてくれた奥義。この奥義を師匠が実感するように今日は導かれていたようです。個人特有の、その人にしか効かない言葉があるらしい。それを師匠は今、見つけたらしい。『どんな言葉』『どうやって』と質問しましたが『そんな質問は無意味だ』と。意味としてはまんまの意味なの?日本語なの』・・・英語だったらしい枠が広がったな。いつか見つけられる日が来るのかなー年末の検査までに見つけられるといいなあ。
[PR]
by midoleeloo | 2009-04-29 22:33 | 徒然なる日々

リコネクションⅢ

リコネクションレベルⅢを受けました。それはあっという間に終わりました。習うプロセスそのものも楽しくて、ベッドがあまっていれば駆けつけて練習。知らないことを習って、できるようになる過程が楽しかった。不思議なことに、ある時点で『できる』『わかる』ようになる。ぐんっと加速する瞬間がありました。エリックの哲学を聞くのも楽しかった。日本語訳ですら理解できない時でも聞いていればいいんだって思ってた。どこかで理解しているだろうって。他の人の練習を見るのも勉強になったし、アシスタントの方の情熱や楽しみ方も。リコネクションよりも大切なことを教えてもらった気がします。エリックとのリベンジは…閉館時間があって脇目もふらずにサインをする彼に、最高の発音で『Thank you』と言ったことかな。それににんまりと顔を上げて見ていただいたことでしょうか。

来月、早速リコネクションする人がいます。ヒーリングは遠隔でやらせてもらってますが、実際にも早くやってみたいな~と切望。遠隔は、ゴールデンレトリバーのぬいぐるみを体にみたててやってます。名前は『タンジェリン・ナーナ・ブランディワイン』でナーナちゃん。昔、飼っていたレトリバーと同じ名前。ほんとはこういうカタシロはいらないんでしょうが、つまらないから早く犬をやりたいです。
[PR]
by midoleeloo | 2009-04-27 22:32 | 徒然なる日々

リコネクティブヒーリング

先週、「リコネクティブヒーリング」のプラクティショナーになるべくセミナーを受けてきました。

リコヒーリングを受けてみて目に見える変化(あたしの場合は)を感じていたので、これからの大切な財産になると感じています。
セミナーでは、久しぶりの上質な英語のシャワーと新しい情報であたしの脳はぱんぱかりん♪ 「あたしの新しいシナプスができてるわ~」と妄想。講師のエリックはスマートで気さくな人で、そしてたぶんヒトではな(笑)。
彼は休憩中に外に出る生徒の列に一緒に並んでいて、こんなチャンスは滅多にない!!話しかけるチャンスを逃してはだめだ!と、運良く(?)彼にぶつかり、少しだけ言葉を交わすことができた♪ 緊張したあたし、更にブロークンな英語を丁寧に聞いていただきました。感謝。
サイン会では少し不思議なことが。。。 (ちなみにどんなサイン会でも、もうどんとこい!!) 写真を撮ってもらったんだけど、彼のところだけトーンが明るいのです。はっきりと誰でもわかるほど。こんな写真撮れたことない。別のアシスタントに見せに行くと、「・・・ふむ、彼、行く準備ができてるんじゃない?」その後、「携帯を貸して」といわれ、彼女はエリックの元へ・・・。「見て。あなたもう行っちゃうのね。」彼はサインに忙しく、私と彼女を一瞥し、本に目を戻しました。 ・・・あたしの印象、わるっ!!一言だけ告げました。「I didn't say that.(あたしが言ったんじゃない)」 「I said that.(私が言ったのよ)」と彼女は言ったけれど。。。そりゃ、彼女とエリックのリコネクションは強固なものかも知らんけど、あたしとエリックのそれは吹けば飛ぶよな危うさですよ。 今週のセミナーで挽回することができるか、、、 ぢつはそれが一番気にかかることだったりします。
[PR]
by midoleeloo | 2009-04-20 22:28 | 徒然なる日々

かさかさ

昔の話をしていたときのあたしはまるで他人事だった。厚みのある和紙のようにごわっとしてるけど、指をひねればかさかさと崩れてしまう。その質感でもう意味をなさない事だって気づく。今もかさかさを思い出しては楽しんでる。もっともっと遠い記憶に縛られて何度もトライしてる課題もあるのに、近い記憶のほうがなくなってしまうなんて単純に時系列ではないんだなぁ。目の前のことを見てるからエネルギーの回転率も高い。
映像が高速回転でぐるぐる回り、いくつも見えて追いつけないことがある。断片だけを覚えてもう一度ゆっくりみなおしてみて、言葉にするときのもどかしさったらない。くるのは一瞬なのに変換するのに数時間。それなのに薄っぺらいこと。きっともっと深いところがあるはずなのにメモリが足りないから追いつけない。。リコネクションが終わったら一番やりたかった仕事の話をすぐにいただく。丸々一日をかけて作業してフォローアップして効率の悪さは天下一品だけど、もっとやりたいなって胸の中でころころした小さいものが時折はねている感じがする。もっともっとやりたいな。そして上達したい。
そして、生きていた過去がほんとの過去になる様子を間の辺りにしてしまいました。過去をほんとの過去にする...つまり今も気にしていることは、その人の中では過去ではなくいきいきと現在にあるということ。現在に多大な影響をおよぼしているということ。だから色つきの映像から色を抜き取る・・・感情やその他絡みついているものを全て抜き出す。この作業がずっと不得意で、よくわからないけどここ辺りを抜いちゃえ、といい加減にやっていたんだけど、今日、これだ!と色を抜いていたら後ろから『しゅぼっ!』って強力な光が照射されみるみる真っ白に。そして、かっさかさ。長い時間をかけて色を抜いている映像は自然に色あせたりもするけど、これと比べるとなんとなく輪郭が残ってるのかもしれない。そこにはないけど残像として。このかさかさ度は、それがなんだったのかも覚えていないほどの高温で焼かれたようだった。ちょっと楽しくなってきた。

a0059468_1334357.jpg

[PR]
by midoleeloo | 2009-04-09 23:45 | 徒然なる日々

愚問

靴を見に行きました。アウトレット。値札から半額、さらに40%オフで、土日割引で更に10%オフ、プラスWBC優勝記念10%オフ、そして先日もらったいつでも使えるさらに10%オフ券を持っていて、なにがなんだかわからず。店員さんもわかってないようで…○○円以下になりますねとか言ってた。計算すると約78%オフ。偶然全館をあげてのセールで、人波にもまれすぎて逆に購買意欲をなくす。ひとつだけ、ずっと欲しかったアロマディフューザーが卸値だった→今はいいにおいぷんすか発生中。他人の「今日は買うわよ~」って気迫に釣られずに歩いていたらペット服のセール!これは寒がりのリルの服を買わなくては。やつの方がいい服着てるかもしんないな。オーバーオールとラングラーのジーンズ買ってしまいました。口をすぼめてゥラングラー、の破れたジーパン。 あー、楽しみ♪
先日、合計3時間ほど瞑想を、クリーニングも併せたのですっきりリフレッシュ。それからも毎日1時間くらいはできるように。進歩したなぁ…。ま、仕事絡みなので強制的になんですね。気持ちに余白ができたので、最近の考えを円グラフにしてみると…40%送別会の計画、25%仕事のこと、15%リル、5%ローフード、3%DISCOTIQUE、1%ドラゴンボール、その他・・・。リルをリッコロ大魔王と呼ぶたびに思い出すドラゴンボール。その昔、クリリンの存在価値がみえなくなっていたあたし、『クリリンは人間の中で一番強いんだぞ。他は全員宇宙人じゃないか!そりゃ、強いさ』と言われました。ほんとだ。
今、一番大好きなコント、ラのつくコンビのコントがあって、ツボにはまってしまって。「目薬はどこにさす?」と師範に切りかかり、「目だーー!」と切り返される。「焼き鳥はなんの鳥を焼いている?」「鳥だーー!」とか愚問の道にはげむ。そして師範のお手本へ・・・「明日は何を食べましたかーー??」「う、動けぬ・・・」って感じで。あまりにはまったので、観るのを控えているくらい。先日、同僚が酔っ払い電話に捕まっていました。何度も同じことを聞き返していて、やっと終わったので「大丈夫?どなってなかった?」と聞くと、「それが、『俺はお客様だっ!!』じゃなくて、こう言ったの。『俺はお客様かーー!』って」これこそリアル愚問。

そして、そして、今、ブームのニューシングルを少し聴いてきました♪少しっていうか、抜け出せなくて何ループかしてた。なんかわかった。そして、よくわからない。うまく説明できない、それこそがブームかなと思ったから、大丈夫。なんか。あー、たぶん来月泣いちゃうなぁ。控えめにだけど。
[PR]
by midoleeloo | 2009-04-01 21:21 | 徒然なる日々

Reconnection

リコネクションって名前を知ったきっかけはもう思い出せない。本屋で見たのかな、少しの興味本位では手を出せない価格で。友達との話題にあがった帰り、道に迷って入った古本屋でその本を見つけた。でも、知らせは無視してた。いつの間にか友達はプラクティショナーにまでなってて。すすめられてたけど、他のことに目を向けて。かっこよく言えば時期がきてなかったとか?ヒーリングを受けるような緊急な身体の故障もなかったし、多少のことなら乗り越えられる技術も持ってる。何かにつけ断りを入れ、でも気になって仕方ない。別の友達も受けて劇的な効果をあげてる…うーん。たぶんこのままずっと気になったまま生きていくのだ。じゃあ、受けちゃおう。でも、プラスアルファのお金が手にはいったらね。…その日にほぼ同額の入金がっ!?いずれ入るのはわかってたけど、まさか思った日に?うーん、それでもまだ迷う。そうしたらひどい肌荒れに。治るなんて期待してないけど、痛みとか痒みを紛らわせるものが欲しかった。で。受けました。

リコネクションする前にリコネクティブ・ヒーリングというものを数回受けます。このエネルギーに馴染むためと重い「かせ」を先に外しちゃいましょうってことだと終わってから気づいた。あたしは2回。ただ横になり目を閉じてるだけでいい。最初に見えたのはピンクとブルーのスパイラルな光。ぐるぐる回ってる。それから柱を歩く人のようなもの。ペンタゴン。動物。虹色。膝下と右腕がジンジンとする。反面、なかなか集中できなくて、ちゃんと準備すればよかった…いつものことだわと後悔。ちょっと気持悪い。翌日、肌荒れがマックスになったと思ったら、少しよくなった感じ。必要なところに届いてるのかも。
翌週2回目。スパイラルの色が増えてて5色くらいになってる!そして歩いている人が二人に。そんなこと忘れてたので、何かがつながっているんだとニヤリ。同じくペンタゴン。違う動物。7色以上の虹(13色だって)。今日はすぐに集中できた。そして…翌日以降、波がひいたように肌荒れが治る。こんなに急激に治る原因はこれしかないんだよね。
また日を改めて今度はリコネクション。これは72時間以内に2回やるものらしい。太古の昔、人は宇宙とつながるラインを持っていて、いつしかそのラインを失ってしまったらしい。それをまたRe-コネクトするというもの。一生に一度受ければいいらしい。今度は銀色の粒が降り注ぐ感じ。『やっと還れる。もうお返しします~』って安堵。またペンタゴン。ある部分だけエッジでそいだように際立って見える。そして、蜘蛛が。これは何かの象徴。だから蜘蛛苦手だったんだなぁって知った。それからあらゆる「青」と分類される青。終わって外に出ると、色がきれい。建物もどんな色もキラキラしてる。とくに、空の色と夕日!!こんなに美しいものがそばにあったんだって。友達は「ありのまま」だって言ってた。あたしにはどんな言葉があるんだろう・・・「オマエハモウ、・・・シッテイル(北○の拳ふうで)」。こんな風にユーモアを交えながらくる言葉はほんとだからなんか嬉しくなる。翌日、軽い気持ちで2回目に行く。「緑」色とか、見えたものを覚えておこうとるんるんしていたら、あるときから不快感。もうすっごく気持ち悪い。「時間的にあと少し。途中でとめてはいけないかも」って波のように襲う気持ち悪さと闘いながら、「もうむり、もうむり」とつぶやき、ついに負けた。「とめてください」って。一旦中断し、再開。あたしの感覚としては流れている音の反響が不協和音になってたんだけど、友達はある部分に差し掛かると苦しんでたって。終わった後、「こんなにつらいなら、肉体離れちゃおうって危うく死に掛けた」って笑いました。外の色のきれいさは変わらなくて、ちょっとの気持ち悪さと爽快感が続く。それから数日はボーっとしていて。
裏が表になっちゃうような変化はないけど、核のようなものができた。毎日小さいことにあれ?って思ってるので、今もリコネクション効果が続いているんだと思う。大きな変化は、こんなことを今、書いていることかも。
[PR]
by midoleeloo | 2009-04-01 21:21 | 徒然なる日々