みどりの言の葉

patchouly.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

スペシャル

まさか行けるとは思わなかったライブスペシャル!!あーー、ドキドキ。すっごい叶えたいと思っていた夢が現実になると、途端に萎縮しちゃうあたしは小心者だと思います。手にしていいのかこの幸せ、みたいな。離島はあたしになじみのある沖縄とは違って、だから沖縄にいる感もなく、時間が迫っていたのであわてて会場へ滑り込む。そういえば会場はコザだった。ちょうど10年前、体を壊すくらい働いていたところ。すっかり様変わりしていて、どこがどこだかよくわからない。中に入ると、なんかめっちゃいい場所がぽかんと空いていてそこへ。なんであそこ空いてたんだろう?ツアーできている友達がたくさんいる。関東ではあまり会わないような友達も、今回いろんな場所で会ったような気がする友達も。今日は、ほんとにほんとに最後。映像を観るのも(最初で最後か??)。スペシャルらしく曲が変わっていて、おりこうさんメドレー楽しかった。うーーん、個人的には「頭はきれる」がおもしろかったので、ツアー前半のスカメドレーに軍配があがるけれど、津軽海峡あんまり聴けないモンね。モンパチのくだりも近かったので話していたこと全部聞こえたし。「ああ!・・・・どんな歌だっけ?」ってこの間がいいO型成分出ているなと思いました。初めて沖縄で観たり、こんな近くで観るってことの不思議な感覚とツアー自体が終わってしまうことの感慨深さとでなんかよくわからない。あっという間に過ぎていくこの時間。髪の毛しぼれるくらい汗かきました。たくさんお話もあったはずなのにあんまり覚えていなくて、人から言われて思い出すほど。ひとりひとりしっかりと見て歌ってくれていて、近くでみれて夢のような時間・・・っつうか、一時期はほんとに夢でしかなかったんだよね。アンコールもあの曲の並びは鉄板だと思うの。もらって返して、思い出して先に進む、みたいな。ほんと、子供のように素直に歌ってとんできました。汗をかきすぎて身体の水分がなくて涙もでなくて、終わった後にみんなとハグをしたときに、ぽろぽろと。あ、水分まだあるって思った。100%の自分で誰かとハグをすることなんてここに住んでたときはまったく思わなかった。沖縄、しっかり好きになりました。「ファイナルが沖縄で幸せです」って言葉が、あたしもそうだなぁって思いました。終わった今、この言葉に揺さぶられている。ほんとにこの4ヶ月はごほうびの時間だった。オセロしてて相手の色ばっかりだったのに、最後にどんどん裏返しになっていく、その様子を目をこらして見ている期間だった。前日の大きなイベントとも合わせて、長年のできごとを周囲から評価されるのも、もっと客観的な目で振り返るチャンスなんだなと思いました。今までがなかったらこの場所にはこられなかったって言葉を何度も聞いたけれど、その意味を体感しました。ほんとに。
とっても満足だったんです。もうこれで満腹って。それがね、最後にあんな失敗するとは。その最中に途方にくれてしゃがみこんだもん。落ち込みすぎて早朝から起きてて連れは驚いてた。この話、またみんな笑う・・・・。その日履いていたサンダル、普段も履いていたしアマゾンでも履いたし、滑ったことは一度も、ただの一度もなかった・・・のにな。
[PR]
by midoleeloo | 2009-10-23 23:31 | 素敵なこと

Okinawa

あっという間に沖縄へ行ってきました。初めての離島。

しょっぱなから連れのチケットに不備があって、「謝罪はいいから解決して」などという。そして、石垣ではレンタカーの手配間違いがあり、あたしはめっちゃ小さくなる。ごめん。雲行きは怪しくて、船に乗っている間も雨粒が落ちてきて、この旅行で今後も離島に行くか行かないか決めると言った連れになんだか申し訳ない。でもね、島に着いたときには晴れ間すら広がって自転車をこぐには最高の環境。そういえば数年前に久しぶりに沖縄を訪れたときも、空港に着いた瞬間に雨がやんで、きれいな虹がでたんだった。一度は来てみたかった竹富島。期待を裏切らない島でした。石垣で夕食を食べて、もう眠くて眠くて。翌日は石垣を堪能。鍾乳洞へ行ったら誰もいなくて食堂も開いてなくて、次のやいま村でご飯を食べる。リスざるに襲われ、せっかく購入したえさもふたを開けた瞬間に奪われ、両手いっぱいにえさをもったやつから奪い返そうとバトルを繰り広げる。三板の使い方を習い、あまりに夢中になったので購入。そこで働いているおばあに手をたたかれながら、従業員に「スパルタされてるよ」といわれながら、居残りで練習を。雨は建物にはいると降る。外にでると雨が降っていたんだなってわかる。それから、グラスボートに乗りに行く。グラスボートきれいでした。底まで見えるなんてきれいな海なんだなと思うけど、台風前だから少しは見えにくい状態なんだろうと思う。それでもこのきれいさ。パイナップルをたらふく食べて、石垣牛食べたいねってごはんを食べて、ホテルで酒を飲む。今日はいい時間までつきあうけど、早朝に作業があるからまたさっさと寝る。翌日は、具志堅記念館に行きたいと意気揚々と車を飛ばすけど、ぐるぐる探しても見つからず。「今日、出発なのにこんなところで時間がなくなるなんて!」といきまきながら、やっと見つけ入り口まで行くと・・・なんか違う。入り口におじさんが寝ていて、連れと目配せしながら音を立てないようにそっと帰ってきた。焼きてびちを食べて、それがめちゃくちゃおいしくて満足。石垣島、めっちゃ楽しかった。行ってみたいと思ってから10年もたっちゃった。レンタカー会社の車に乗り込むと、連れが一番苦手な人の曲が流れ始め、連れはすっごいいやな顔をしている。あたしはゲラゲラ笑いながら、「この曲とめてください」という。「なんかあるんですか?」といわれて、「せっかくの沖縄感がなくなっちゃうから」とごまかした後もゲラゲラ。那覇行きの飛行機は遅れ、もう間に合わないかとどきどき。だって今日はメインのライブなんだもん。ずっとずっと楽しみにしていたライブ。ずっとずっとって10年越しか??会場裏に駐車場もあって、なんとか間に合う。(ライブについてはまた後ほど)すっごい楽しくて、るんるんで大雨の中ホテルに戻る。めちゃくちゃ落ち込みながら。翌日は大雨だ。今日しか本島を回る日はないから、美ら海水族館に行く。そういえば、こないだ来たときはやどかり発言で大笑いしたんだった。人も前より少ないみたいでよく見れました。タコライスを食べて、空港に行く。飛行機遅れてる。私たち、今晩仕事なんです。羽田もぎりぎりで電車まで走り、タクシーに乗り、開始1分前に到着。ふーーー。そういえばたくさん失敗をしたんだった。この旅のために契約したイーモバ・・石垣ではエリア外で、じゃあ那覇で使おうって石垣に忘れてきたのでした。そして、手に入れたポスターも忘れたのでした。→数日後、無事に到着。まあ、それよりも失敗したこともありましたが、旅だけでも楽しかったな。沖縄、好きになりました。
a0059468_052454.jpg

[PR]
by midoleeloo | 2009-10-22 23:35 | 徒然なる日々

ファイナル

ツアーファイナルへ行ってきました。もっとサラリとやってくるかと思ったけど、ここまでの道のり、3ヶ月は長かった。深い深い時間でした。「今日は映像をみる」って唱えながら渋谷へ。 どこのライブに参加したかのスタンプラリーもあとひとつで終わり。今日しか会えない人もいるから、参加賞を渡す。参加賞、なかなか好評で嬉しかった。始まる前にMちゃん(友達、Mちゃんばかりだ)に会い、アマゾンのお土産を渡す。彼女は去年、日程の都合でブラジルに行くことができなかった。あたしと二人でお留守番みたくなっていたので、「アマゾンに行ったことが自分のことのように嬉しい」と言ってもらえて、まぢで泣きそうだった。やばい、今日は特に。確実にうるうるはしてる。次は同じ場所で会えるといいね。

今日は、横が壁という端っこ席(この会場っ!!)で、まあ、お隣気にしなくていいし、じっくり見れそう。映像、映像。

はぁ。ため息。焼津からまた変わってた。「からたち」は沖縄色してた。今日のポイントは2ヶ所。あと、「小芝居はいい…」と、最後の笑顔かな。曲ができた時のこととか経緯を聴けるのはとっても嬉しい。今はこの長さが好き。曲への想いと長さが今は比例してる。だって、友達の思いはたっくさん聴いてきた。そして、あたしの思いもたっくさん話した。そんな幸せな思いを聴ける時間はめっちゃ贅沢。時々声を詰まらせながらだから、記憶の海とあいまってしまう。ジャンプはすごくて、「あたしも頭をふりたいけど見逃したくない」と思った。最後のジャンプで倒れたときも驚きましたが、これが前菜とは。あの歌では会場をずっと見てた。みんな幸せそうだった。みんなの思いが一直線に飛ぶさまが見えるようで、よし、あたしもとか思ってたらあんなことに!!一歩間違えれば大事故ですよ。骨折しちゃいますよ。。足が滑ってる!!ってとこまでは見えたけど、友達がすっごい痛そうだったって言ってたけど、すぐに歌は続いて舞台に戻ってからはぴょんぴょん飛んでて。トメアスで気絶しそうになったときよりびっくりしたかも。「もちろん新しい人にも聞いてもらいたいけど、今までのファンに届けたい」って言葉が、昔からのファンは嬉しいんだろうなって思いました。あたしはまだまだ。「お茶買ってきて」って言われるくらいの新米だからね。もう、今まで見たことのない最高の笑顔もあり、じーーーんとしました。今回のツアーはほんとに人生を変えてくれたツアーだったな。 頑張って映像も見ました。そしたら、「あのときのライトがいいのよ」とか言われ、みんないくつものことに気を回せるんだなーーと感心しました。もう無理だよ。歌を聴けなくなっちゃうよ。

帰りにお茶をしに行ったら、偶然に友達がいて、入れ替わり立ち代わりで楽しかったです。写真をみんなでとって、帰りも最寄り駅まで一緒に帰りました。みんな、また数日後ね。先に行って待ってるね。
[PR]
by midoleeloo | 2009-10-17 23:51 | 素敵なこと

I'm going back to・・・

会社の人に、『たぶん沖縄行くねんけど(あくまでたぶんね)…一緒に行く?』と聞くと、『いつ……あ~あたし日勤があるわ。○○さーん、ここシフト変えてくれない?…いいの?はい、行けるわ』ってものの数分で決まってしまい、あたしのシフトがまだ交換できてない状態。躊躇しない人の行動&実現力ってすごい。あたしは沖縄&ライブの組み合わせは躊躇しまくりだから、まだどきどきしちゃう。長年思っていたことが叶うって触れていいのかほんとに迷う。せっかくだから島へ行くことに。2年も住んでて離島とか初めて。ゆっくりしたのもつかの間、どんどんスケジュールが埋まってきました。忙しいのも好きになってきたよ→たいして忙しくないんだな、きっと。

もういい加減にアマゾンでお借りしたバッグを返しに行かないと、と夜勤明けに横浜へ。ごはんを食べて帰るつもりが、豪華ステーキをご馳走になりました。とっても美しい奥様ともお話して、息子さんと誕生日が近いという話になったら、「じゃあ、誕生会は一緒に」とか言ってくださって。旅で感じた匂いを感じて、そして旅の思い出を反芻して、だんだんと思い出してきた。同じ場所にいて同じ体験をしても、今までの経験値や見方でまったく見ているものが違うことも興味深いし、共有していることもまた時間の重なりのおもしろさがある。数日前に、ちょっとした形が見えているところだったので、埋もれていた記憶を思い出して、旅の総括の輪郭が見えてきました。その輪郭を描くためにたっぷりと時間を費やしすぎて、次の友達の約束に遅れる・・・。彼女はとってもかわいくて、服もかわいくて、話している間も時々おっさん目線で見ていました、「うわー、まぶいぜ」って。そのかわいさを認めていないので、宿題&提出をだした。そして、旅で感じたことを感じたままに初めて言葉にした。もちろん気を失いそうに驚いたことも話したけれど、もっともっと抽象的なこと。聴いてもらいたかったことをほぼそのままの温度で。あたしが一番話したいことを彼女なら受け取ってくれると知ってるから。話しながら全部がつながっていて、しっかりと形にしてもらった。なんかこのタイミング、おもしろい。知り合ってから7年くらいたつけど、ゆっくり話をしたことがあんまりなくて、あたしは今までのこと、それでこの旅がどれくらいご褒美だったかを声が枯れても話す。少しでも違うことをしていたらここにはこれなかったこと、道を踏み外したとしてもその角度で曲がってきたからたどり着けたこと、今は全てがよかったんだなって思えたよって。彼女は絶妙のタイミングで自転車を「チリンッ」と鳴らし帰っていきました。昼からしゃべり続けて喉はガラガラ。一晩眠って朝から次の旅の打ち合わせに。綿密な予定はたつはずもなく予定そっちのけで話を。最後に「予定表写して帰る」といわれたけど、予定真っ白で、「何も決まってないんだ・・・」って。それなのに6時間は話していましたね・・・。いけませんね。だけど、いつも力強く沖縄へ引っ張ってくれてありがたいです。
[PR]
by midoleeloo | 2009-10-17 02:08 | 徒然なる日々

焼津まで

高速バスに乗ったら大渋滞で2時間も遅刻。バスに乗るのは好きだからぼんやり外を眺めているけれど、Mさんをお待たせしてるから焦る…。お昼ご飯も、時間を過ぎているのにも関わらず店を開けてくれていて、Mさんのおかげで美味しいお魚をいただけて、その後海を見ながらおしゃべり。たっくさん話を聞いてもらいました。久しぶりに会う友達も、なんか嬉しかった。あたし、成長したかなぁ。

アマゾン以来のライブだから緊張しました。そしてこの近さ。近い!すっごい近いチェックのシャツの赤が朱色で、いい色だなーと思いました。あの新曲が聴けるサプライズあり、首をかしげる場面あり、笑いあり、自然体で居心地いい空間になってる。リラックスした時の寄り道にも似たような。こんな風に間近で歌を聴けることはなんて幸せなことなんだろうと改めて噛みしめました。で、またあの歌を忘れてて驚いて、照明が理想的な色であることに目を奪われました。照明があたっている様子、あたしにはあんな風に見える時があるから。ギターを持ってなかったり、座らなかったり歌い方が違うのも新鮮。だからかな、撃ち抜かれポイントどころか散弾銃だった。一番はマイクスタンド。プログラムを変えたからか、スピード感あふれたり汗だくになることはなくなったけれど(会場暑かったからいつもより汗はかくけど)、最後まですんばらしいなと思いました。前の席の方がノリノリだったので、真正面で歌うことが多くて、おこぼれでよく見えた。とびっきり笑顔が山ほどあって、楽しそうで嬉しそうで、まだまだアマゾンの記憶はあふれでてた。
翌日仕事なので、ほんとは最終で家に戻る予定だったけど、一人で帰るのが寂しくなって朝一で帰ることに。皆で食事してゲラゲラ笑って、あたしは『20』の時に後ろで映像が流れていることを知らなかったので、「今日で何回目だっけ??何を見てるの?」と言われ…。え?2回目くらい??それにしてもいつから流れてるんだろう…。ライブ前後も楽しくて、皆と会えることも大切な時間だと知りました。ありがとう。
[PR]
by midoleeloo | 2009-10-09 23:52 | 素敵なこと