みどりの言の葉

patchouly.exblog.jp
ブログトップ

家に帰る

a0059468_20231370.jpg

実家に帰って、空港の出口で「リアルなまはげ」が待っていたので、まだ秋田かと思った。ママ…。お昼を食べに行き、「157円プラスすると鯛のあら汁になります」と店員に言われ、それまでは「157円なんて貴族なみの贅沢だっ!」とか言ってたのにあっさりと意見を変えてお願い。パパに「意思は貫き通せ」とか言われ、飲んで一言「なまぐせぇ。」 家では大型犬が喜びの声をあげ、リルはどこまでも上っていくくらい喜ぶ。外の掃除をしようとしたら、ほうきの先には大型犬が待機、あたしの足にはリルがしがみつき、常に監視をされている状態での掃除。「もうっ!掃除できないジャンっ」とかいいながらなんか幸せ。みんなウキウキ。パソコンを始めると、ダンがあたしの腕の下に入り込みジャンプしあたしは「あー」と声をあげながらバンザイ。食べかけの柿を奪おうとしたので、髪の毛を引っつかんで思いっきり叱り、リルは気を引こうとうなっているので、「ウーはだめだよ♪りーちゃん。ウーはだめ・・・・だまれっ!!」って叫んで、母が驚く。でも、ダンをしかったときに目に白いものがある・・・と無理矢理覗き込んだら、少し白くなっている。白内障、かも。もうそんな年齢なんだねって優しくなる。数年後には、この光景が見られないかもしれないから、今も未来から見たら奇跡なのかもしれない。できることは味わい尽くすこと。だから携帯もパソコンもサヨナラ。

a0059468_20233762.jpg九州シリーズの合間に実家に戻りました。明日、昔のあたしのチョメチョメ写真を持って行こうと、前に住んでた家へ。毛皮を着てみたりした。写真を選びながら驚愕あたし、三つ揃いのスーツを着たダンディな紳士の柄シャツを着ている当時も「紳士柄」って言って気に入ってたんだ。他にも結構な柄シャツ写真が…。他にも荷物があって、いざ帰らんと立ち上がった時に…ヤッチマッタ、ぎっくり腰。大分ライブ終わった翌日…朝から病院をはしご。馴染みの整骨院でサポーター併せてウン万。「前に来たことありますか」「2年前かなぁ。靭帯を」「…鎖骨の!ああ1ヶ月はかかるからこれからの治療はまいている包帯持ってきてくださいね」「…いや、あと数時間で東京行くんです」「そうですか(いつもですね)」それから目の充血が止まらないので、眼科に行き、財布には数百円のみ残る。コンタクト入れちゃいけないけど、眼鏡は見えないに等しいので入れる…しかも片方なくなったから片目だけ。腰を考えて荷物は最小限にして、全部送ることにしよう。今日、だめもとで赤坂行きたいし。よろよろと荷物を準備、あれ?帰りの航空券の引換書がない。荷物を全部ひっくり返したけどない。捨てたな、きっと。会社に電話してことなきを得た。毎日「ママ、帰るね」と騙してきたリルも、なんとなく真実を知ってるよ。今夜は寂しいんだなぁと、羽田からモノレールへ。パスモが見当たらない…のはいつものこと。………カギ、は??家と自転車のカギ!!カバン全部見てるもん、絶対ないわ…と母に電話。見つかったら電話するといわれ、それでも赤坂行きを考えてる…携帯がなる。「ありました」と。大家さんにお願いしに行かなくちゃ。赤坂はあきらめて、無事に家に入れたら友達からもらったアマゾンの映像を観よう。それで自分をなぐさめよう。あ!実家のデッキに入れたままだったーo(T□T)o 泣くわ、まぢで泣くわ。
[PR]
# by midoleeloo | 2009-12-07 20:24 | 徒然なる日々

福岡・佐賀・大分

家にいると出掛けたくなくなる。ダラダラとしながら高速バスで福岡へ。大濠公園って大きな湖があって、早くくればよかった気もする。久しぶりの能楽堂。記憶にあるのは新潟と佐渡かな。凛とした空気が好き。いいライブになりますようお願いしてたら、感謝が足りないと叱られた。そうだね、この環境を感謝しないといけないね。今までで全体像が一番よく見えたかも。リラックスした空気で、音もよくて、外で聴いてるような雰囲気もあって。曲目が変わっているので新鮮。次は珍しい曲やるのねと思ってたら、なんかびっくりで。いつも頭の中が真っ白になる。朗読は久しぶりに音の流れを楽しむ感じで、これぞ寄り道と思うような数年前の寄り道のようだった。寄り道で撃ち抜かれることがあまりないのに、今日は3回は撃たれたなぁ。実家から行くと、すべてが現実味を帯びてる気がするから不思議。しっかりとした現実と夢かと思うようなことが繋がって、幻じゃないと思える。それから、Mちゃんのプチ誕生会して、ホテルで朝4時まで笑う。だって部屋がおかしい。「笑える部屋取ったよ」ってメールがおかしい。従業員に「ほんとにこの部屋でいいんですか」と言われる部屋なんてありえない。朝一、メラメラ燃え上がる部屋に笑いはとまらず、二人は二度と戻れない関係になってしまいました。
a0059468_20302288.jpg


あのなまめかしいホテルを出た後に、福岡の寄り道だけで帰ってしまうMちゃん(それでもこのためだけに来たってのはほんとに珍しいこと)たちと昼ごはんを食べる。バスの時間を調べてなかったから、別れはぎりぎり走りこみで、でも「また来週ね」って言えるのが嬉しい。佐賀の会場は美術館だから、みんなでお茶を飲みながら、今年会うのは初めてのMさんと再会したりして嬉しい時間。だけどなんか緊張。席がいい場所ってのは知ってたからそんなことじゃなくて、初の寄り道でもないし、昨日も見たのになんだか会場前から緊張。佐賀は2回目なんだって!!確かに福岡に近いからわざわざ来ないよね。チームピメンタの中でも消極的なあたしたちは、反省しながら盛り上げていこう、スタンディングオベーションでもしようといったりした。それにしても緊張。会場入ってもっと緊張。秋田も福岡も緊張して手足がつめたーくなったりしていたけれど、そんなのとは比べ物にならないくらい。どうしたんだろ、あたし。もう、始まらなきゃいいと思ってた。席に座ってみて一言、会場、狭くて舞台が低い・・・。もうでてきたときはかっこよすぎて死ぬかと思った。途中からまん前だなーーと思った。2曲目よかったな。あの曲はこんなに近くで聴いたのは初めてで、気を失わないように頑張るのがせいいっぱい。気絶しないならしないで発狂しそうにならないのが精一杯。思考回路は停止したので、その後何を話していたか覚えてない。だけど、「九州って言うとどうしても、福岡、大分、鹿児島、宮崎、長崎になっちゃいますよね」って言葉に、「ここは、佐賀で~、、それで選ばれないあと一県って・・・」とおかしかったのは覚えてる。確かに中途半端な位置づけです。あの曲は、やさしく諭すところが好き。大きな聖なる父のよう。「神様・・・」は今まで沖縄を思い出していたけど、今日見えたのはもっと大きな場所や時間軸。そして、みんなで歌う「風なり」は男の人が大きな声で歌っていて、歌っていてほんとに楽しいと思った。この歌は楽しいことしか思い出さない。そして、ほんとにほんとに嬉しそうだった。みんなが歌ってくれた分はちゃんと返すよって感じで。なんかまた一生分飯が食えそう(そういえば来世分になるんじゃとか言われたんだった)。そして、最後にEちゃんがやりました。(ほぼ)独りスタンディングオベーション、インあの席。すばらしかったです。ほんとにほんとにいい寄り道だった。母鳥に叱られ1羽の小鳥は涙をこぼし、あたしは関西本部長と盲目の目でぴぃぴぃ鳴く。でも、ほんとにほんとによかったよ。帰りのバスには間に合わなくて、電車で帰ることにする。明日は犬たちと思う存分すごすんだ。でも、今日は眠れなそう。
a0059468_20353819.jpg



大分遠い。前日調べたら4時間近くもかかる!!ぎっくり腰のあたしにパパは「大丈夫かな」とは言うけど、「行くのやめたら」とは決して言わなくなった。はは。なんとか3時間で市民公園に着いて、会場を半周したら声をかけられる。福岡のお友達。一緒にご飯を食べる。今日もほとんど正面に近い席。大分の能楽堂は、お能以外にも使うことができるように柱が取れるようになっているんだって。光の加減か目がキラキラしてる。でも光じゃなくてうるうるだった。正面だったからもろに受けてしまって、あたしも泣く。リアルって言葉をよくきいた。去年の今頃はガンガ行ってて、こんなに楽しいことはもうないとか思って、夏はブームでこんなに楽しくて、まだまだ揺さぶられるんだと思ってたから、これ以上大きく変わるなんてないと思ってた。実際に福岡、佐賀は穏やかだったから。「カゲロウ」は、「こんな風に歌うために作ったわけじゃなかった」って言ってた。それもあってかあたしはボロボロ泣いて、こんなにまだまだ変えてくれるライブってあるんだなーって思いました。昨日テレビでみた「強くて優しい」って言葉が残っているので、あたしもそんな人になりたいと強く思った。九州シリーズ。
[PR]
# by midoleeloo | 2009-12-06 20:39 | 素敵なこと

秋田へ

このメンバーの誘いを断るなんてありえない・・・って今なら言える。誘われた時からわかっていたけど、、それ以上の旅。ほんとは息子との時間を大切にしたかったけど、ごめん。お母ちゃん、ライブ行きたいねん。夜、家まで迎えに来てもらって出発。片道を全部運転してくれたLちゃんのバイタリティがすごい。道中、人の弱みにつけこんで、うわずみだけをすくっていこうとする事件が発覚。関係のない人まで巻き込んでいて許せないこと。この人はどんな重荷を背負うんだろうと思います。だけど別行動の天使に癒され、旅は続行。ゲラゲラ笑って、まだ夜中と呼んでもいい時間に、「着きました」って連絡が・・・。遅れること30分で目的地へ到着。思ったほどじゃないけど、寒いよ、秋田。5人でお腹すいたーとピーピー鳴いたら別行動の母鳥がくれた、アンドーナツ、染みたなぁ。日本海の荒海も見た。本番まではまだまだまだ時間があって、昼前に温泉へ。しょっぱくて気持ちよかった。それから天使のEちゃんと合流し、ごはんを。かなかぶの漬物、めっちゃ美味しかった。お土産に買いたいけど、冷蔵品は大変だからとあきらめた。オススメのシュークリームも濃厚で美味しくて、そこでおめざも購入。会場の方がほんとに親切でいい場所。また来たい場所。ほんとの直前まで笑っててというか笑わせてて、大変申し訳ないことになりずっと気が気じゃない。そして緊張して手足が冷たくて寒い。そして結構な頻度で言うけど、あの顔で一生飯食えるわって思う。終わった後はご飯を食べれるような場所がなくてやっと入った寿司屋さんが大正解。アワビ、ケイジ…豪華で、飲みにきていたおじさんがいい味をだし、ぶれがなく笑わせてくれて、ゲラゲラ笑う。ご主人はそれを見てニヤリと笑う。お土産をたっぷり(ほんとにたっぷり)もらって、天使と母鳥とはお別れ。山形までくだり泊まる。翌日の車内も、みんな子供みたいな顔をして笑う。話はエスカレートしていくのに、興味ない話には誰も触れない。酸素が薄くなるくらい笑って、だから寂しい。今回の旅はLちゃんの魅力を知った旅でもありました。かわいくてしっかりして隙があるってサイコーなんじゃないかな。
a0059468_2015179.jpg

[PR]
# by midoleeloo | 2009-11-28 20:05 | 素敵なこと

塩と胡椒

「コショウ食べた?」…食べてない。「香り高いよ」と言われ、遅ればせながらミルを買ってきた。トメアスのピメンタと石垣島の塩…旬のコラボ、いや、マリアージュじゃんって食べたら、これはうまいーー\(^O^)/毒味させるようになってごめんね。そんな彼女とご飯を食べに。会うのは3ヶ月ぶりくらいか彼女の家は遠いから、ゆっくりはいられないけれど。話すことがたくさんあって時間は過ぎる。びゅんびゅんと。彼女の詳細な記憶には、あたしの忘れっぽさが引き立ち、これからもどんどん忘れていこうと決めました。空がきれいだってだけで幸せになれるとか、ガールズトークできるとか、周りの人と環境に恵まれたんだなーってつくづく思う。周りにあるものにきちんと目がいくようになったよ。ふしあなだけど。ずっと「考えすぎだよ」とか「あたしなら、やだ、で終了だよ」とか直感だけでものを言い、彼女の優しさが際立ってました。はは。「泣くこと多いでしょ」とハンケチをもらいました。オルガニック。もう泣かないって思ってたけど、仕方ないから泣いてくるか。別の友達の誕生日だと知り、言ってよくらいの勢いでメールしたら、「去年沖縄でお祝いしてくれたね」と。そうでした沖縄、いい思い出作るなー。そんなこと言いながら、こないだのスペシャで一番覚えてるのは「妬みがないと人は生きられないのかもしれないけど」って言葉なんだけどね。先週、いただいたマフラー、寒いから使おうと思ったけど、もったいないからもう少し使わないー大事に寝かせておこう。もしくは初日デビューかな。ぐっすり眠って起きたら手作りチョコが届いてた。試作品だって。ガラナ味、クプアス味、明日葉味とかめずらしもん。明日、手応えのある仕事があるので元気だしたかったからガラナでいけそうですp(^^)q

そいで、仕事いっこ終わったっ!また骨折したりすんのかなーとドキドキしたけど、そんなことなく。それにしても人はどんなにでも変われる振り幅を持ってるんだね。久しぶりにお会いしたらすっきり変わっててびっくりしました。やっと自分自身のスタートって感じで、そんな姿をみれることがありがたい。仕事が詰まってて、今日も明後日も24時間だし、ラストスパートがんばります。仕事場に冷房が入ってる…窓を開けられるよりはいいけれど。誰かに窓開いてるって野宿だよねと言われた。これ終わったら長期休みに入るからなんとか乗りきります。今くらいになると、近所を歩くプードルを見てたまらない気持ちになり、いつかあいつの背中にチャックをつけて中身を抜いておしゃれバッグにしようとか思います。残酷。猫の鼻の凹んだとこを耳かきで掻いてやりたい。そして猫のなんたるかを叩きこんでやりたい。
[PR]
# by midoleeloo | 2009-11-20 20:03 | 徒然なる日々

おたんじょうかい

ellyは東京にライブ観にくる日が誕生日なんだって。サプライズでお祝いしたいねって案を練るけど、パーティーを始められる時間がわからない。彼女の予定が終わるのが午前を回るんじゃないかってことで、予約は取らずにいようってことになった。あたし、翌日休みだからいつまででも遊べるよ。今日は仕事でライブ行かないから、彼女を迎えに行くよ→じゃあ、ライブ行けってね。プレゼントを探しに行ったら目をあわさないのに見てる、インパクトのあるぶっさいくな子が。それとあたしも欲しかったハンケチーフ。そして、「最高の誕生日になります」って言葉を教えておいた。彼女はさいっこーの誕生日を迎えるのにギリギリ間に合った。ルンルンのおかげで。なんかまた少しだけ信じられないことが起こる・・・おすって。いつもとは違うメンバーでごはんを食べに行って朝4時まで。プレゼント受けてたし、友達が渡したプレゼントも愛がこもってた。待ってる間もみんないい誕生日にしたい!!って思ってたんだよねーー。それはあたしたちにはできないことだから、ほんっとよかった。笑いのセンスが合う友達は相変わらずで、同じ部分で引きつけられとにかく涙をこぼして笑う。くだらないこと言うんだもん。くだらなすぎて波を打って笑う。旅にでようって話から、みんなの行きたい国は旬のポルトガル。「ポルトガルってスペイン語?」って訊いたら、「うん・・・ポルトガルだけにポルトガル語でしょう」って。こういうことがね、たまにね、起こりますよね。閉店時間で店を追い出され、歌いに行く。さつきさんの歌、そしてルンルンの歌はサイコー!!うまくておもしろくて似ている。ここでも店を追い出され、もう朝なんですけど。。。名残惜しさと眠気でお別れ。楽しかった。秋田にみんな行くんだって。あたしも行きたいけど、実家に帰るのでママとしては息子との時間を大切にしないとって何度も断る。。車で行く人たちは当日の打ち合わせ。「ETCカード誰か持ってる?」・・・「はいっ!」勢いよく手を挙げたあたし。全員「あ!」って顔をして、「・・・だから行くよね!!」って。こういうこと、よくやらかしますよね。そりゃー、絶対楽しいもん。行きたいよぉ。とーちゃんと一緒に帰り、「今晩、ごはん行く?」って。「起きたらメールするーー」、だってもう26時間も起きてるよ。眠って2時間半で荷物が届く・・・アサイーだ!!アスーカをぐりぐり混ぜてもりもり食べて目覚める。あれやーこれやーしてたら夕方で、ごはんに行く打ち合わせ。お店が込んでるらしく、おうちにおよばれ。石垣ラー油入り卵焼き♪貴重なビデオを延々みせてもらう。だんだんと眠くもなってくる。明日、仕事だからそろそろお暇を・・って頃に観たビデオが、目はぎんぎんにさえて鼻血ふきだすかと思った。朝7時だった。「ぶぶ漬け食べる?」とは聞かれなかったからいいのかなーー。でも、すっごいすっごい楽しくて帰りたくなかった。帰り際に「秋田、行くよね?」「行かな・・・行く」・・・ああっ!そのまま仕事に行って、昼前に数時間記憶を失った。誕生日を楽しく迎えられる人は、楽しい1年を迎えられる。1年で一番パワーのある日に、こんな年にするって実践してるんだから、それは応援してもらえるよ。あたしもいい1年迎えたいと思います。それにしても誕生日ライブ、体験してみたい。
a0059468_10155035.jpg

[PR]
# by midoleeloo | 2009-11-13 10:07 | 徒然なる日々

まだまだ

石垣で並んで買った「辺銀のらー油」(1人1本限り)。最寄り駅の近くの沖縄物産屋さんで「とうとう入荷!」だった。しかも2本まで買えるという・・・1年ぶりの入荷らしい。「あんたラッキーだよ」ってさ。
エスカレーターに乗ったら10段くらい上にいたおじさんが、ぐらっと倒れてごろんごろんと落ちてきた。あたしで止めないと!!と気合入れて止めた。おじさんは、ふっとんだ眼鏡も荷物もそのままに電車に乗り込んだので全部拾って、「駅長室か病院行ったほうがいいですよ」って言ったけど、そのまま乗っていってしまった。 なんとなく上を見ていたのでおじさんが気を失って倒れる瞬間を見てた。気をつけないといけないね。おじさん、大丈夫だといいなあ。

大先輩のが東京に来るのでお迎えに行って、そのまま肉を食べに行く。彼女は「むかごごはん」と「明日葉入りオムレツ」と「ツナと昆布の佃煮」を作ってきてくれていて、めちゃくちゃおいしかった。骨と骨の間の肉は、とてもとても美味しかった。そのまま知り合いの家に泊めていただいて、あたしこの奥様大好きだって思った。朝からブラジル食材を買いに行き、映画を観に行く。映画館なんて久しぶりなのに、2本も観るなんて。マイケル、よかった。もうひとつの映画は、「あそこを撮影したのは、昨日会った人よ」と言われて余計に楽しみも増えて。「先日、駅の階段で転んで気絶したのよ」というSさん。誰かにおぶわれて、意識が朦朧としている中で弟さんの連絡先を伝えたらしい。「救急車を呼べ!」という声の中、また気を失い、次に気づいたときは駅長室の中。病院から退院した当日だったらしく、「また入院するのはいやだから、運良く誰もいなかったので逃げたの」だって!!人に会うとまた何か言われるから、人が来たら草むらに隠れながら逃げたらしい。彼女、あたしより40以上年上なんですけど。。。あたしもすべった話をしながら、「逃げるって信じられない!」と言いながら階段でつまずき「あなたが危ないわよ」と支えられる。それからの階段は二人で寄り添うように。彼女と会ったのは1年以上前。そして、トメアスの式典会場でこそこそ歩いてたら見つけて声をかけた。それからべレンでもマナウスでもごはんを食べたり、ひとつの深いご縁を感じています。最近、メールも始めたみたいで、今度チョコレート屋さんをやるらしい。あたしなんか、まだまだだなーとひれふするしかない。
[PR]
# by midoleeloo | 2009-11-09 22:18 | 徒然なる日々

冬だ、冬

覚醒するくらい寝た。わしわし雑事をこなしまた寝るという幸せ。7月からの蓄積疲労さん、アテローゴ、バイラルラー。「ワイルド ソウル」読みました。めちゃめちゃ面白かった(^-^)b近頃活字離れしてたのに夢中になって読んで、同僚に驚かれてた。ガンガ聴きたくなっちゃうよ。ひっさしぶりに面白い本読みました。 尊敬してる方から電話がきました。お元気そうで、「あたしその日は仕事です」「そう、でも会いましょ」って強引さも、まだまだ好きまたしゃべり過ぎちゃうかなあ。サインもらうぞっ。

「20年前の自分になんていいますか?」・・・友達からメールをもらって考えてた。あたしならなんて言うか・・・というか、中坊なので言うことないね。英語だけじゃなくポル語やっとけ、くらいか。だから10年前にする。15年前でも何も言わないと思うし。長いこと考えたけど、CDを渡すかな。今から必要になるからって。 大人になると時が経つのが速くなると言います。一説には、年齢を分母とし、年齢分の1年とすると、分母が小さいほど・・・つまり人生に対して1年のパーセンテージが高いほど遅く感じるという説があります。他には心拍数。心拍数が高いほど遅く感じる傾向にあるらしい。ドキドキがたくさんある生活を送っているとゆっくりに感じるってことみたい。ここ数年はドキドキすることがたくさんあったので、もうとてつもなく長い。去年の今頃って因島だよ。ポルノな場所だよ。ちょっと化石になってそうなほど遠い昔のことみたいだ。今年はあと2ヶ月もあるよ。何が待ってるんだろうね。

久しぶりに仕事をしに行き、夜7時に終わりとぼとぼと歩きながら、「疲れた。なんかすっごい疲れた」と口に出しながら。昨日、夜勤してそのまま仕事に行ったんだった。もう24時間くらい仕事をしているんだった。それはさすがに疲れるかも。この仕事をしに行くときは家をでたときの天気とか道順で、なんとなく予想できるんだけど、今日は電車の時間間違えたり、行き止まりにあたったりとまったく到着できない・・・うーん。ちょっとスムーズには行かないのかも。案の定ややこしくて、久しぶりだった上に人数が多くて、最後にはへばってた。楽しかったけど、ちょっと力技を使ってしまったので、反省材料もいただきました。

翌日は、友達のMちゃんとお茶をしに・・・。そういえば、アマゾンのこともゆっくり話してもいなかった。沖縄のこともしっかり聞きたい!!ライブの前後みたいで楽しかった。店も変えつつ、合計8時間くらい?話してきました。あーー、楽しかった。ライブがないと会わないっていうのも、なんか寂しいなとも思いました。外にでると、もう、息が白くなるくらい寒くて寒くて、「のどを早く治して」といただいた花梨茶を、家に帰ってすぐに飲みました。以外に甘かったので、昨日いただいた大分のカボスをしぼって。またしゃべれちゃうな。あーあ、あたし、アマゾンに行ってる時に何度か「Mちゃーーーん」って思ってたんだよ。日本に帰って一緒にごはんを食べに行くことがあれば、後ろに隠れてすべてお任せしようって思ってた。楽しかった。また、別のところで会えるみたいなので、楽しみにしたいと思います。試験間近らしくテキストを見せてもらい、あたしは「あざやかさ」を知らないことが判明しました。「彩度」。説明してくれたけど、多分初めての概念なんだと思う。今までは勘違いしていたみたいで、今もまだ理解できていません。ショックでした。
10日前って真夏の場所にいたのに、1日だけこれこそ秋晴れ!を体験しただけで、今日はもう冬だ。冬支度しなくちゃ。
a0059468_23251067.jpg

[PR]
# by midoleeloo | 2009-11-02 23:15 | 徒然なる日々

スペシャル

まさか行けるとは思わなかったライブスペシャル!!あーー、ドキドキ。すっごい叶えたいと思っていた夢が現実になると、途端に萎縮しちゃうあたしは小心者だと思います。手にしていいのかこの幸せ、みたいな。離島はあたしになじみのある沖縄とは違って、だから沖縄にいる感もなく、時間が迫っていたのであわてて会場へ滑り込む。そういえば会場はコザだった。ちょうど10年前、体を壊すくらい働いていたところ。すっかり様変わりしていて、どこがどこだかよくわからない。中に入ると、なんかめっちゃいい場所がぽかんと空いていてそこへ。なんであそこ空いてたんだろう?ツアーできている友達がたくさんいる。関東ではあまり会わないような友達も、今回いろんな場所で会ったような気がする友達も。今日は、ほんとにほんとに最後。映像を観るのも(最初で最後か??)。スペシャルらしく曲が変わっていて、おりこうさんメドレー楽しかった。うーーん、個人的には「頭はきれる」がおもしろかったので、ツアー前半のスカメドレーに軍配があがるけれど、津軽海峡あんまり聴けないモンね。モンパチのくだりも近かったので話していたこと全部聞こえたし。「ああ!・・・・どんな歌だっけ?」ってこの間がいいO型成分出ているなと思いました。初めて沖縄で観たり、こんな近くで観るってことの不思議な感覚とツアー自体が終わってしまうことの感慨深さとでなんかよくわからない。あっという間に過ぎていくこの時間。髪の毛しぼれるくらい汗かきました。たくさんお話もあったはずなのにあんまり覚えていなくて、人から言われて思い出すほど。ひとりひとりしっかりと見て歌ってくれていて、近くでみれて夢のような時間・・・っつうか、一時期はほんとに夢でしかなかったんだよね。アンコールもあの曲の並びは鉄板だと思うの。もらって返して、思い出して先に進む、みたいな。ほんと、子供のように素直に歌ってとんできました。汗をかきすぎて身体の水分がなくて涙もでなくて、終わった後にみんなとハグをしたときに、ぽろぽろと。あ、水分まだあるって思った。100%の自分で誰かとハグをすることなんてここに住んでたときはまったく思わなかった。沖縄、しっかり好きになりました。「ファイナルが沖縄で幸せです」って言葉が、あたしもそうだなぁって思いました。終わった今、この言葉に揺さぶられている。ほんとにこの4ヶ月はごほうびの時間だった。オセロしてて相手の色ばっかりだったのに、最後にどんどん裏返しになっていく、その様子を目をこらして見ている期間だった。前日の大きなイベントとも合わせて、長年のできごとを周囲から評価されるのも、もっと客観的な目で振り返るチャンスなんだなと思いました。今までがなかったらこの場所にはこられなかったって言葉を何度も聞いたけれど、その意味を体感しました。ほんとに。
とっても満足だったんです。もうこれで満腹って。それがね、最後にあんな失敗するとは。その最中に途方にくれてしゃがみこんだもん。落ち込みすぎて早朝から起きてて連れは驚いてた。この話、またみんな笑う・・・・。その日履いていたサンダル、普段も履いていたしアマゾンでも履いたし、滑ったことは一度も、ただの一度もなかった・・・のにな。
[PR]
# by midoleeloo | 2009-10-23 23:31 | 素敵なこと

Okinawa

あっという間に沖縄へ行ってきました。初めての離島。

しょっぱなから連れのチケットに不備があって、「謝罪はいいから解決して」などという。そして、石垣ではレンタカーの手配間違いがあり、あたしはめっちゃ小さくなる。ごめん。雲行きは怪しくて、船に乗っている間も雨粒が落ちてきて、この旅行で今後も離島に行くか行かないか決めると言った連れになんだか申し訳ない。でもね、島に着いたときには晴れ間すら広がって自転車をこぐには最高の環境。そういえば数年前に久しぶりに沖縄を訪れたときも、空港に着いた瞬間に雨がやんで、きれいな虹がでたんだった。一度は来てみたかった竹富島。期待を裏切らない島でした。石垣で夕食を食べて、もう眠くて眠くて。翌日は石垣を堪能。鍾乳洞へ行ったら誰もいなくて食堂も開いてなくて、次のやいま村でご飯を食べる。リスざるに襲われ、せっかく購入したえさもふたを開けた瞬間に奪われ、両手いっぱいにえさをもったやつから奪い返そうとバトルを繰り広げる。三板の使い方を習い、あまりに夢中になったので購入。そこで働いているおばあに手をたたかれながら、従業員に「スパルタされてるよ」といわれながら、居残りで練習を。雨は建物にはいると降る。外にでると雨が降っていたんだなってわかる。それから、グラスボートに乗りに行く。グラスボートきれいでした。底まで見えるなんてきれいな海なんだなと思うけど、台風前だから少しは見えにくい状態なんだろうと思う。それでもこのきれいさ。パイナップルをたらふく食べて、石垣牛食べたいねってごはんを食べて、ホテルで酒を飲む。今日はいい時間までつきあうけど、早朝に作業があるからまたさっさと寝る。翌日は、具志堅記念館に行きたいと意気揚々と車を飛ばすけど、ぐるぐる探しても見つからず。「今日、出発なのにこんなところで時間がなくなるなんて!」といきまきながら、やっと見つけ入り口まで行くと・・・なんか違う。入り口におじさんが寝ていて、連れと目配せしながら音を立てないようにそっと帰ってきた。焼きてびちを食べて、それがめちゃくちゃおいしくて満足。石垣島、めっちゃ楽しかった。行ってみたいと思ってから10年もたっちゃった。レンタカー会社の車に乗り込むと、連れが一番苦手な人の曲が流れ始め、連れはすっごいいやな顔をしている。あたしはゲラゲラ笑いながら、「この曲とめてください」という。「なんかあるんですか?」といわれて、「せっかくの沖縄感がなくなっちゃうから」とごまかした後もゲラゲラ。那覇行きの飛行機は遅れ、もう間に合わないかとどきどき。だって今日はメインのライブなんだもん。ずっとずっと楽しみにしていたライブ。ずっとずっとって10年越しか??会場裏に駐車場もあって、なんとか間に合う。(ライブについてはまた後ほど)すっごい楽しくて、るんるんで大雨の中ホテルに戻る。めちゃくちゃ落ち込みながら。翌日は大雨だ。今日しか本島を回る日はないから、美ら海水族館に行く。そういえば、こないだ来たときはやどかり発言で大笑いしたんだった。人も前より少ないみたいでよく見れました。タコライスを食べて、空港に行く。飛行機遅れてる。私たち、今晩仕事なんです。羽田もぎりぎりで電車まで走り、タクシーに乗り、開始1分前に到着。ふーーー。そういえばたくさん失敗をしたんだった。この旅のために契約したイーモバ・・石垣ではエリア外で、じゃあ那覇で使おうって石垣に忘れてきたのでした。そして、手に入れたポスターも忘れたのでした。→数日後、無事に到着。まあ、それよりも失敗したこともありましたが、旅だけでも楽しかったな。沖縄、好きになりました。
a0059468_052454.jpg

[PR]
# by midoleeloo | 2009-10-22 23:35 | 徒然なる日々

ファイナル

ツアーファイナルへ行ってきました。もっとサラリとやってくるかと思ったけど、ここまでの道のり、3ヶ月は長かった。深い深い時間でした。「今日は映像をみる」って唱えながら渋谷へ。 どこのライブに参加したかのスタンプラリーもあとひとつで終わり。今日しか会えない人もいるから、参加賞を渡す。参加賞、なかなか好評で嬉しかった。始まる前にMちゃん(友達、Mちゃんばかりだ)に会い、アマゾンのお土産を渡す。彼女は去年、日程の都合でブラジルに行くことができなかった。あたしと二人でお留守番みたくなっていたので、「アマゾンに行ったことが自分のことのように嬉しい」と言ってもらえて、まぢで泣きそうだった。やばい、今日は特に。確実にうるうるはしてる。次は同じ場所で会えるといいね。

今日は、横が壁という端っこ席(この会場っ!!)で、まあ、お隣気にしなくていいし、じっくり見れそう。映像、映像。

はぁ。ため息。焼津からまた変わってた。「からたち」は沖縄色してた。今日のポイントは2ヶ所。あと、「小芝居はいい…」と、最後の笑顔かな。曲ができた時のこととか経緯を聴けるのはとっても嬉しい。今はこの長さが好き。曲への想いと長さが今は比例してる。だって、友達の思いはたっくさん聴いてきた。そして、あたしの思いもたっくさん話した。そんな幸せな思いを聴ける時間はめっちゃ贅沢。時々声を詰まらせながらだから、記憶の海とあいまってしまう。ジャンプはすごくて、「あたしも頭をふりたいけど見逃したくない」と思った。最後のジャンプで倒れたときも驚きましたが、これが前菜とは。あの歌では会場をずっと見てた。みんな幸せそうだった。みんなの思いが一直線に飛ぶさまが見えるようで、よし、あたしもとか思ってたらあんなことに!!一歩間違えれば大事故ですよ。骨折しちゃいますよ。。足が滑ってる!!ってとこまでは見えたけど、友達がすっごい痛そうだったって言ってたけど、すぐに歌は続いて舞台に戻ってからはぴょんぴょん飛んでて。トメアスで気絶しそうになったときよりびっくりしたかも。「もちろん新しい人にも聞いてもらいたいけど、今までのファンに届けたい」って言葉が、昔からのファンは嬉しいんだろうなって思いました。あたしはまだまだ。「お茶買ってきて」って言われるくらいの新米だからね。もう、今まで見たことのない最高の笑顔もあり、じーーーんとしました。今回のツアーはほんとに人生を変えてくれたツアーだったな。 頑張って映像も見ました。そしたら、「あのときのライトがいいのよ」とか言われ、みんないくつものことに気を回せるんだなーーと感心しました。もう無理だよ。歌を聴けなくなっちゃうよ。

帰りにお茶をしに行ったら、偶然に友達がいて、入れ替わり立ち代わりで楽しかったです。写真をみんなでとって、帰りも最寄り駅まで一緒に帰りました。みんな、また数日後ね。先に行って待ってるね。
[PR]
# by midoleeloo | 2009-10-17 23:51 | 素敵なこと